ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2016年 > 「ホテルオークラ東京本館建替計画」オフィス事業の取り組みについて


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

「ホテルオークラ東京本館建替計画」オフィス事業の取り組みについて

2019年の完成を目指し、2016年6月1日着工

2016年6月1日

 

新日鉄興和不動産株式会社
大成建設株式会社

 新日鉄興和不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:永井 幹人)と大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村田 誉之)は、「ホテルオークラ東京本館建替計画」の高層棟オフィス部分(8〜25階、延床面積:約64,000m2)について、株式会社ホテルオークラ等と特別目的会社(以下「SPC」)を組成し、同SPCを通じてオフィス賃貸事業を推進していくこととなりましたのでお知らせいたします。

 建物の新築工事は本日6月1日に着工し、2019年春の完成を予定しています。SPCは本年3月30日に株式会社ホテルオークラよりオフィス床相当の土地共有持分の譲渡を受け、2019年の建物竣工時にオフィス建物部分の取得を予定しています。

 新日鉄興和不動産及び大成建設は、SPCよりオフィスの企画やテナント募集、及び完成後の運営管理業務等オフィス事業全般を受託し、今後は2019年の開業に向け、オフィスビル開発のノウハウを活かして事業推進するとともに、お客様にご評価いただけるオフィスの実現と、日本を代表するラグジュアリーホテルを核とした複合施設の円滑な運営を目指し、全力を傾注してまいります。

「ホテルオークラ東京本館建替計画」オフィス事業の取り組みについて

 
「ホテルオークラ東京本館建替計画」オフィス事業の取り組みについて

 

資料




 
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ