ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2016年 > 安全性に配慮した煙突解体工法「テコレップ・スタック」を開発


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

安全性に配慮した煙突解体工法「テコレップ・スタック」を開発

優れた安全性と大幅な工期短縮を実証

2016年5月19日


 

大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、この度、安全性に配慮した煙突解体工法「テコレップ・スタック」を開発し、昭和電工㈱横浜事業所煙突解体工事への初適用により、その優れた安全性と大幅な工期短縮を実証しました。

 これまでの煙突解体では、初めに煙突周囲全体を取り囲むように足場などを構築し、煙突解体に合せて、足場などを徐々に上部から解体する方法が実施されてきました。従来の方法では足場の組立・解体に手間がかかり、また、煙突解体に使用する資機材を人力で運搬するため、資機材が落下するリスクもありました。このため、足場組立て作業の簡略化と、煙突解体時の安全性や作業性の向上が求められていました。

 そこで、当社は、超高層建物の解体工法として実績のある「テコレップ・システム」の派生工法として、煙突を対象とする作業時の安全性に配慮した解体工法「テコレップ・スタック」を開発しました。
 本工法では、解体壁面部を取り囲むように移動昇降可能な作業足場を設置し、煙突壁面を分割・切断して、煙突内部に解体した廃材を落下させて解体を行います。作業足場は、煙突側面を挟み込むように設置された2本の支柱に沿って上下に移動します。

本工法の特徴は、以下のとおりです。
(1) 作業足場は煙突の周囲を取り囲むように設置されており、足場と煙突の隙間に独自の養生方法を採用し、はつりガラの隙間からの落下を防ぎます。
 
(2) 従来の枠組み足場と比較して、作業員の墜落や資機材の落下などのリスクを低減し、安全に解体作業を実施できます。
 
(3) 高さ約80m、下部直径約7mの煙突で、吊り上げ荷重が25tクラスのクレーンを使用した場合、従来の足場構築では組立に1か月半を要していましたが、本工法では約10日程度で組立が完了するため、全体工期の短縮に貢献できます。
 

 今般、本工法を昭和電工㈱横浜事業所の煙突解体工事に適用し、優れた安全性、大幅な工期短縮を実証しました。
 今後、当社では、本工法を煙突解体工事のほか、煙突、橋脚、タンクなどの外周点検や維持補修工事にも提案してまいります。

安全性に配慮した煙突解体工法「テコレップ・スタック」を開発

ページ上部へ