ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2016年 > コンクリート床仕上げロボット「T-iROBO Slab Finisher」を開発


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

コンクリート床仕上げロボット「T-iROBO Slab Finisher」を開発

作業の省人化、効率化を実現

2016年4月18日


 

大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、コンクリート床仕上げ作業を行うロボット「T-iROBO Slab Finisher」を開発しました。本ロボットの適用により、技能労働者(土間工)の身体への負担を軽減し、作業の省人化、効率化が可能となります。
 土間工が行うコンクリート床仕上げ作業は、多くの建設現場において重要な作業ですが、常時中腰体勢で行うことから身体への負担が大きく、コンクリートの打設面積や硬化状況に応じて、多数の土間工で作業を行うか、あるいは長時間作業で対応する必要がありました。また、土間仕上げ用機械を用いた作業では、機械本体が重いため、運搬や適用場所に制約を受けるなどの課題がありました。
 そこで、大成建設は、このような床仕上げ作業における課題を解決するために、コンクリート床仕上げロボット「T-iROBO Slab Finisher」を開発しました。本ロボットは、以下に示す特長を備えており、従来の土間工や土間仕上げ用機械による床仕上げ作業に対して、作業の省人化、効率化を図ることが可能となります。


コンクリート床仕上げロボット「T-iROBO Slab Finisher」を開発

 今後、大成建設では、特に物流倉庫やショッピングセンターなど床仕上げ面積が広範囲な建物に、本ロボットの適用を図ってまいります。


コンクリート床仕上げロボット「T-iROBO Slab Finisher」を開発

ページ上部へ