ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2016年 > 自動ラック倉庫免震システム「TASSラック−免震」を開発


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

自動ラック倉庫免震システム「TASSラック−免震」を開発

免震装置の最適な組合せで、より高い免震効果を発揮

2016年4月28日


 

大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、地震発生時における自動ラック倉庫の積荷の荷崩れ落下対策として、ローコストな免震システム「TASSラック−免震」を開発しました。

 東日本大震災では、自動ラック倉庫の積荷が落下する被害が多数発生しました。そのため、大成建設ではこれまでラック最上段に制震装置を設置し、揺れを軽減する制震システム「TASSラック−制震」による荷崩れ落下対策技術を開発し、自動ラック倉庫への適用を図ってきました。しかし、震度6強以上の地震に対しては、制震システムだけでは、すべての積荷の荷崩れ落下を防ぐことができない場合があります。

 そこで、大成建設は、震度6強以上の地震に対しても荷崩れ落下防止効果のある自動ラック倉庫免震システム「TASSラック−免震」を開発しました。「TASSラック−免震」は、ラック柱脚根元の基盤部に、粘性ダンパー(地震エネルギーを吸収し、揺れを低減)、転がり支承(上部構造物を支え、前後左右に滑らかに移動)、水平ばね(上部構造物の位置を元に戻す)を組み合わせた免震装置を配置するもので、地震応答解析や振動台実験を行い、その高い免震効果を確認しました。

本免震システムの特徴は、以下のとおりです。
(1)  粘性ダンパー、転がり支承、水平バネの最適な組み合わせにより、自動ラック頂部の揺れを非免震の状態に比べ、1/3〜1/2に低減することができます。
 
(2) 粘性ダンパーの大きな減衰能力を活用し、自動ラックが建物壁面または隣接するラックと衝突せず、常時のクリアランス(30cm以内)に収まるよう、免震による変位を最小限に抑えることができます。
 
(3) 自動ラック倉庫だけを部分的に免震化するため、建物全体を免震化するよりも安価に荷崩れ落下対策を実施できます。
 

 今後、大成建設では、従来の制震システムに加え、本免震システムの開発により、中小地震から大地震までを対象とした自動ラック倉庫の荷崩れ落下対策技術のラインアップが揃うことになり、免震、制震システムの長所を活かし、新築・既存ラックを対象に、顧客の要望に即した提案を行っていきます。



 
自動ラック倉庫免震システム「TASSラック−免震」を開発



 

ページ上部へ