ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2015年 > 国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」 CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の最高水準(Sランク)を取得


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」 CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の最高水準(Sランク)を取得

2015年10月22日


 

NTT都市開発株式会社
大成建設株式会社
ヒューリック株式会社
東京都市開発株式会社

 NTT都市開発株式会社、大成建設株式会社、ヒューリック株式会社及び東京都市開発株式会は、「品川シーズンテラス(東京都港区港南1-2-70)」について、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構によるCASBEE(建築物総合環境性能評価システム)認証制度においての最高ランクである「Sランク」(CASBEE‐建築(新築))の認証を受けましたことをお知らせいたします。

 「品川シーズンテラス」は以下の点が高く評価され、最高水準である「Sランク」の認証を受けました。


 
(1)   外構部分に豊富な緑地の整備や生物環境保全の取組み、地域の木材の採用など地域性に配慮している点
(2)   下水熱の空調熱源利用、建物中央に設けたボイドにミラーを用いて建物内に太陽光を取り入れる採光システムなど自然エネルギーの活用や、高効率な設備機器、太陽光追尾型の自動制御ブラインド、高感度人感・昼光センサーを活用した自動照明制御など効率的なエネルギー利用に取り組んでいる点
(3)   水資源である雨水、雑排水の活用や、建材に再利用ユニットの利用、躯体と仕上げの分離が容易な工法の採用など資源の有効利用を取り入れている点

 

 品川シーズンテラスは、2013年にDBJ Green Building 認証制度で最高ランク「プラチナ」を取得、2014年に公益財団法人都市緑化機構による「社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES:シージェス)」における「緑の保全・創出により社会・環境に貢献する開発事業(都市開発版SEGES)」の認定を受けております。
 今後とも、高い環境性能と快適な空間を提供し続けるビルとして管理・運営を進めてまいります。

 CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)とは、省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮はもとより、室内の快適性や環境への配慮なども含めた品質を総合的に評価するシステムであり、建築物の環境性能に応じて、「Sランク」「Aランク」「B+ランク」「B−ランク」「Cランク」の認証が付与されます。



 
国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」 CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の最高水準(Sランク)を取得


 
1.品川シーズンテラスの概要
  所在  :  東京都港区港南一丁目2番70号
  主要用途  :  事務所、店舗、集会場、駐車場等
  敷地面積  :  49,547.86m2
  延床面積  :  206,025.07m2
  階数  :  地下1階、地上32階
  構造  :  鉄骨造・一部鉄筋コンクリート造、免震構造
  駐車台数  :  313台
  設計監理  :  株式会社NTTファシリティーズ
NTT都市開発株式会社
大成建設株式会社
日本水工設計株式会社
  施工  :  大成建設株式会社
  竣工  :  2015年2月25日


 
2.外観写真
国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」 CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の最高水準(Sランク)を取得


 

ページ上部へ