ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2015年 > 業・住・商からなる新しい街『パークシティ大崎』が誕生


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

業・住・商からなる新しい街『パークシティ大崎』が誕生

2015年5月20日

 

三井不動産株式会社
日本土地建物株式会社
大成建設株式会社
大和ハウス工業株式会社
新日鉄興和不動産株式会社
三井不動産レジデンシャル株式会社

 三井不動産株式会社、日本土地建物株式会社、大成建設株式会社、大和ハウス工業株式会社、新日鉄興和不動産株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社の6社は、北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業の参加組合員として、2012年4月より東五反田地区最大規模となる約3.6haにおいて、業務・商業、住宅、商業棟をはじめとする7棟の大規模複合開発を進めてまいりました。今般、各建物の大半が竣工し、『パークシティ大崎』として、新たな街が誕生いたします。なお、業務棟の低層部および街区内の商業店舗「パークシティ大崎 Shop&Restaurant」は出店店舗が決定し、本年9月11日にグランドオープンを予定(一部店舗については先行オープン)しております。

 当事業は、2棟の業務・商業棟、2棟の住宅棟、各1棟の商業棟、地域交流施設棟、大崎の歴史を未来に継承する作業所棟の7棟の建物で構成され、全体名称を「パークシティ大崎」としています。
複合的な機能を持つ開発であることに加え、敷地内の約30%緑地面積を確保するなど環境に配慮し、緑あふれるオープンスペースを各所に配置した、歩いて楽しい潤いと賑わいのある街を目指した開発を行ってまいりました。

 当事業において、三井不動産株式会社、日本土地建物株式会社、大成建設株式会社、大和ハウス工業株式会社、新日鉄興和不動産株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社が共同で参加組合員として事業参画し、2棟の業務・商業棟と1棟の商業棟については三井不動産株式会社がオフィス・店舗の一元的な賃貸事業を行い(一部、自用区画を除く)、2棟の住宅棟については三井不動産レジデンシャル株式会社他4社が住宅一般分譲事業を行っております。

 業務棟の低層部および街区内の商業店舗「パークシティ大崎 Shop&Restaurant」は28店舗の出店が決定しています。生活必需品を扱う店舗から、上質な飲食店、クリニックモールなど幅広い店舗構成で、近隣住民・オフィスワーカー・来街者の様々なニーズに対応します。周辺の緑豊かな環境と調和し、街に潤いと賑わいを創出します。

 大崎・五反田地区全体の再開発の背景は、東京都の1982年「東京都長期計画」において定められた副都心計画のひとつとして着想したもので、現在都心各所で行われている「街づくり」の先駆けとして約30年前から順次推進してきました。当該地区も、副都心計画と並行して機運が高まるとともにはじまった街づくりであり、29haにおよぶ東五反田地区の街づくりの集大成となる事業です。

 
業・住・商からなる新しい街『パークシティ大崎』が誕生


 

資料

ページ上部へ