ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2015年 > ヘルメット、安全帯など女性技術者向け商品を開発


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

ヘルメット、安全帯など女性技術者向け商品を開発

— 全国どこでも購入できる購買体制を構築 −

2015年4月14日

 

大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、株式会社谷沢製作所(社長:谷澤和彦)と共同で、女性技術者の安全性・機能性、そして働きやすさの向上を図るため、女性専用の「ヘルメット」「安全帯」「フルハーネス安全帯」を新たに開発しました。

 最近では、様々な分野で女性の活躍が目立つようになっており、建設業界でも、女性技術者・女性技能者の更なる活躍が期待されています。
しかしこれまでは、建設現場で働く女性を対象とした安全用品や作業用品は種類が少なく、男性用の一番小さいサイズを着用するなどで対応していたため、実際に働く女性からは「使いづらく、動きにくい」等の意見が多くあり、また安全性や機能性の面で課題がありました。
このたび当社では、実際に作業所で働く女性社員の要望を取り入れ、軽量で安全性・機能性が高く、サイズも考慮した女性専用の「ヘルメット」「安全帯」「フルハーネス安全帯」を新たに開発しました。

 今回開発した商品は、トラスコ中山株式会社制作の「なでしこプロツールカタログ(11カテゴリー、582アイテム)」に、他の女性向け作業用品とともに集約しました。
また、アスクル株式会社の大企業向け一括購買サービス「ソロエルアリーナ」により、日本中の作業所でカタログ掲載商品を簡単に購入できる仕組みを関係各社と協力して構築しました。
この女性向け作業用品のカタログは、4月末までに当社の国内作業所、グループ会社、当社の協力会社で構成する倉友会会員会社に向けて約5000部配布し、広く建設業界へと浸透を図ってまいります。

 なお、今回の女性向け作業用品のカタログ集約化やネットでの購入の仕組みは、当社以外の企業でも利用できるため、建設業界で働く女性全体の働きやすさの向上を通じ、ますますの女性活躍推進の一助となることを期待しております。

 大成建設は今後も、女性活躍推進に向けた取り組みを積極的に行ってまいります。

 
ヘルメット、安全帯など女性技術者向け商品を開発


 

ページ上部へ