ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2015年 > 平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞

2015年3月19日

 

大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:山内隆司)は、経済産業省が主宰する平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞しました。
「ダイバーシティ経営」とは、「多様な人材を活かし、その能力が最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」を指します。経済産業省では、こうしたダイバーシティ推進のすそ野を広げることを目的に、「ダイバーシティ経営企業100選」を実施してきました。
当社の「全社をあげて女性社員と外国人社員の育成を支援し、管理職の意識改革を徹底して活躍の場の拡大を実現した」ことが評価され、このたびの受賞となりました。
今後も大成建設は、ダイバーシティ経営の考え方に沿って、女性社員と外国社員の育成を進め、その活躍の場の拡大を目指していきたいと思います。

【当社の取り組みと成果】
全社をあげて女性社員と外国人社員の育成を支援、管理職の意識改革を徹底して活躍の場の拡大を実現した。

 

ダイバーシティ経営の背景とねらい

  • 優秀な女性社員の潜在能力を活かし職域を拡大
  • グローバルな大規模プロジェクトを牽引する外国人社員を育成
 

ダイバーシティ経営推進のための具体的な取り組み

  • 経営トップの強い推進力と人材育成専門組織の立上げ
  • 管理職を基点とした意識啓発とマネジメント変革
  • 女性社員の営業や建設現場への職域拡大を全社的に支援
  • 中核的グローバル人材の積極育成
 

ダイバーシティ経営による成果

  • 女性管理職の活躍によるモチベーション喚起と、公共工事入札での優位性の獲得
  • 海外での大規模プロジェクトを可能にする人材育成を実施
 
平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞
 
平成26年度「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞
 

 

ページ上部へ