ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2012年 > 780N/mm2鋼とFc150N/mm2コンクリートによる最高強度のCFT柱を実現


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

780N/mm2鋼とFc150N/mm2コンクリートによる最高強度のCFT柱を実現

− 超高層ビル「(仮称)大手町1-6計画」で初適用 −

2012年7月19日

 

大成建設株式会社

 大成建設(株)(社長:山内隆司)は、このたび780N/mm2級の高強度鋼と設計基準強度150N/mm2(Fc150)の超高強度コンクリートによる『超高強度CFT柱』(コンクリート充填鋼管柱)を東京都千代田区で施工中の超高層建築物「(仮称)大手町1-6計画」に採用しました。
この超高強度CFT柱の実施工は超高層建築物では世界初となります。

 本プロジェクトは、高さ約200m(地上38階)の超高層建築物であるとともに、主要地下鉄5路線に囲まれ、約3,600m2の緑地「大手町の森(仮称)」も計画されています。
今回はこの地上の「大手町の森(仮称)」と地下鉄「大手町」5駅の連携強化を図るため、建物低層部に超高強度CFT柱を採用することで、地下1階から地上3階までを吹き抜けとした大空間を実現しました。
それにより建物内部にゆとりある立体的な空間を創出することができました。

 超高層ビルに適用できる汎用性の高い施工技術を前提として、鋼管、コンクリートの特長を最大限に引き出すため、従来では困難とされていた溶接部の強度性能やコンクリート強度の均一性を確保するための充填作業など様々な試験や実験を繰り返しました。その結果から構造体としての高い強度性能の確保と高品質を実現することができました。

 今後も当社は、超高強度CFT柱を活用し、超高層建築物において高い耐震性を確保しながら、安全・安心で快適に利用いただける建物を積極的に提供してまいります。

【物件概要】
  名 称 (仮称)大手町1−6計画
  所在地 東京都千代田区大手町1丁目6番6他
  構 造 地下・鉄筋コンクリート造  地上・鉄骨造(超高強度CFT柱)
  階 数 地下6階/地上38階/塔屋3階
  延床面積 198,405.72m2
  発注者 有限会社東京プライムステージ
  設 計 大成建設株式会社
  監 理 株式会社日本設計
  施 工 大成建設株式会社
  工 期 平成21年11月〜平成26年4月(予定)

 
【本件に関するお問い合わせ先】
  大成建設株式会社 コーポレート・コミュニケーション部
 

電話:03−5381−5011

780N/ mm2鋼とFc150N/ mm2コンクリートによる最高強度のCFT柱を実現


 
関連情報
[プレスリリース]

ページ上部へ