ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2011年 > 図面データを現場に スマートパッドで工事記録写真などを楽々編集


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

図面データを現場に スマートパッドで工事記録写真などを楽々編集

− iPhone/iPad 向けアプリ「Field Pad」の開発 −

2011年11月10日

大成建設株式会社

 大成建設(株)(社長:山内隆司)は、このたび、施工管理での業務改善や品質管理の向上を目的としたiPhone/iPad向けアプリ「Field Pad」を開発しました。
本アプリは、スマートパッドやスマートフォンに設計図面をダウンロードして使用することにより、工事記録写真の撮影箇所を図面上に表示したり、写真に関連する情報とともに報告書類などを自動作成、編集できるもので、従来の編集用ソフトに比べ、工事記録写真の帳票化、整理を格段に省力化できます。


また、弊社で2003年から利用しているASPサービス「建設サイト・シリーズ」の一つ「作業所Net」へアクセスできる「建設サイト接続サービス」や、入力した情報や撮影した写真などを定型の記録書類として作成できる「伝票@Tovas for スマートフォン」といった追加サービス(いずれも別途有料)にも対応しています。これらは利用者が自由に組み合わせて、施工管理や工事監理業務で活用できるものです。
アプリ開発にあたっては、フェンリル(株)(社長:柏木泰幸)に委託、販売後の保守も同社が担当します。

 

 「Field Pad」は、ダウンロードした設計図面を画面に表示した状態で、撮影やメモなどを付記したいポイントを画面上で指定し、そのまま撮影やメモを作るだけで、図面上の情報として付加されデータファイルとして作成することが可能です。従来のように、撮影した写真を見て、撮影箇所を特定し、編集ソフトを用いてメモなどとともに整理する手間が不要で、追加機能の記録書類作成サービスを併用すれば、工事記録写真台帳や定型の報告書として自動作成し印刷も可能です。スマートパッドやスマートフォンで図面情報を現場に持ち出すことによって、従来にはなかった業務改善が実現できるなど、業務効率化の可能性を広げるアプリとして活用いただけると思います。
モバイル端末を利用する特性上、セキュリティ対策も万全を期しており、アプリ起動時のパスワードによる利用者の特定、確認を行います。万が一スマートパッド本体を紛失した場合でも、遠隔操作でダウンロードされた情報を削除することが可能です。
「Field Pad」は、米Apple社が運営する「App Store」にて販売価格1,500円で年内に販売(価格、時期ともに予定)し、弊社社員はもちろん弊社とお取引いただいている専門工事業者の皆様、さらには弊社とお取引のない方々でもご利用いただきたいと考えております。
大成建設では、本アプリが建設業全体の業務効率化や省力化に寄与し、建設業におけるIT技術活用のより一層の促進に貢献できることを期待しております。

弊社のクラウド利用の実績
弊社では、1998年に電子調達システム(弊社オリジナル)を、2003年からは三菱商事(株)様によるASP・クラウド「建設サイト・シリーズ」を社内システムと連携させ積極的に運用してきました。今では、お取引いただいている専門工事業者との契約や請求処理の9割以上がインターネットを介して行われており、同シリーズの情報共有サービス「作業所Net」では月間50万枚以上の図面がセキュリティの確保された環境下で共有されています。これらの取組みは、ASPやクラウドを積極的に利用し様々な効果を生み出しているとの評価をいただき、「ASP・SaaS・クラウドアワード2011」(主催: 特定非営利活動法人ASP・SaaS・クラウド コンソーシアム)においてユーザ部門初代総合グランプリを受賞しました。

Field Pad追加機能説明
(1)建設サイト接続サービス 提供企業:三菱商事(株)(別途利用料要)
現在では、弊社の協力会社5,500社を含む13,000社以上が利用している建設業向けポータルサイトを有するASP・クラウドサービス群。その中の情報共有サービスへ接続するための追加サービスです。従来のパソコンでの利用と同等以上にセキュリティに配慮されており、パスコード入力ミスによるデータ削除機能(ローカルワイプ)、紛失時の遠隔削除実行指示(リモートワイプ)が可能となります。

(2)端末からのダイレクト帳票化 提供企業:コクヨS&T(株)(別途利用料要)
「伝票@Tovas」は、「帳票生成から配信まで」をサポートするSaaS型クラウドサービスです。「Filed Pad」連携により、建設現場で入力された情報や工事写真を使った書類等の作成業務を「帳票生成の自動化」から「データによる帳票配信」まで、あたかもひとつのシステムのように利用可能となります。

※ 記載されているシステム名、製品名は各社及び商標権社の商標登録あるいは商標です。

ページ上部へ