小さな風揺れから大地震時の大きな揺れまで抑える

−「ハイブリッドブレースダンパー」を開発−
 
【2002年12月12日】 大成建設株式会社


 大成建設(株)(社長・葉山莞児)は、弾塑性ダンパーと粘弾性ダンパーを組み合わせ  て一体化した新型の制振ダンパー【ハイブリッドブレースダンパー】を開発しました。
 
これにより強風時の居住性を損なう小さな揺れから、大地震時の構造安全性を左右する大振幅の揺れまで、建物に生じる大小様々な揺れを効果的に低減することが可能となりました。
 
 
 弾塑性ダンパーとは、鋼材が弾性限界以上に変形する際のエネルギー吸収を利用したもので、稀に起こる大地震時の建物の損傷を低減するものです。
 
 また、粘弾性ダンパーは、粘弾性ゴムと鋼板をサンドイッチ状に積層し、ゴムの変形による粘性減衰を利用したもので、ゴム厚の調整により様々な振動に制振効果を発揮します。
 
 
 今回開発した【ハイブリッドブレースダンパー】は、この2種類のダンパーを複合させたもので、弾塑性ダンパーとして当社が既に開発し多くの実績を持つ「シェイプアップブレース(大成式座屈拘束ブレース)」と、風揺れ時の小振動専用に新たに開発した小型・高性能の粘弾性ダンパーを組み合わせ、特殊な摩擦材を介して接合しています。
 
 
【ハイブリッドブレースダンパー】の特徴は、以下のとおりです。
1. 風揺れと大地震用のダンパーが一体化されているので、設置箇所が少なくて良い。
2. 小型で高性能に設計されているため、低コストで維持管理も不要です。

 この【ハイブリッドブレースダンパー】は、現在工事中の「(仮称)東陽テクニカ日本橋別館新築工事(9階建て事務所ビル)に設置し、風による建物の揺れを1/2に低減します。又、現在計画中の超高層ビルへの適用も予定されています。
 
 
 今後、当社ではこの【ハイブリッドブレースダンパー】を、高付加価値制振技術として積極的に提案してまいります。