(株)タイセイ総合研究所を設立

―建設に関わる総合シンクタンク―
 
【平成13年9月18日】 大成建設株式会社


 大成建設(株)(社長・葉山莞児)は、社会や顧客のニーズがますます高度化、多様化するなか、建設に関わる総合シンクタンク「(株)タイセイ総合研究所(社長・七字祐介)」を設立いたします。
 
 大成建設は、長年培ってきた多岐に亘る技術を集約・整理し競争力のある約900の要素技術に纏め上げました。これらの技術を社会・企業一般にオープンに利用していただく方針のもと、本年4月、建築技術を中心として、中堅建設会社を対象とした技術サポート「パートナーフィービジネス」を開始しております。
 「タイセイ総研」は、これらの技術を基盤とし、これまで行ってきたリサーチ、コンサルタント エンジニアリングなどのプロセスを集約・高度化し、新しくフィービジネスと位置付けて事業化することを会社設立の大きな目的のひとつとしています 。
 
 「タイセイ総研」は、建設技術だけでなく建設産業に関わる種々の課題、問題に対しても積極的に提言を行い、顧客との新しい接点を創り、複雑化する社会の要請に応え、新しいテーマに挑戦してまいります。
 また、他産業の技術に注目し、建設業ではなくコンサルタント業としての立場から、異業種との技術の連帯(アライアンス)を積極的に図ってゆきます。
 更に設計事務所や同業コンサルタント会社、各種研究所他とパートナーシップを組み、技術力の拡大と新しい情報発信を図ります。

 「タイセイ総研」の事業対象は以下の分野です。
環境分野における種々の計画策定
    環境基本法に基づく環境基本計画、地球温暖化対策実行計画、土壌汚染調査と処理対策等
都市・地域・インフラに関わる評価計画、立案、提言
    広域社会基盤整備計画、市街地再開発計画、地域防災計画、リスクマネジメント
資産・不動産に関わる各種の評価と運用計画策定
    土地建物評価(デューデリジェンス):環境リスク分析・地震リスク分析・省エネ評価
FMファシリティマネジメント、AMアセットマネジメント、PMプロパティマネジメント
各種施設の事業計画、運営計画に基づくコンサル及び基本計画立案
    事務所・工場・ロジスティクス・医療福祉施設・学校等の計画
実験・解析シミュレーションの受託
    音響・振動・温熱・気流・水理・材料・構造など
 
 上記以外にも、建設総合シンクタンクとして建設に関わる種々の課題に対して、企画提案し、情報発信してゆきます。更には社会に対して建設の意義、建設産業の役割を積極的に提言してゆきます。
 
 今後は、事業領域を拡大し、売上高30〜40億円を目指します。
 

 

株式会社タイセイ総合研究所の概要

 
(1) 名称
  株式会社タイセイ総合研究所
(2) 所在地
  東京都新宿区百人町3−25−1 サンケンビル(予定)
(3) 主な事業
 
建設事業全般に関わる企画・調査・計画・研究及び開発
上記に関するコンサルタント業務他、付帯する一切の業務
(4) 会社の設立予定
  平成13年10月1日
(5) 資本金
  50,000,000円
(6) 資本金内訳
 
出 資 者 出資金額(円) 株式数 比率(%)
大成建設株式会社 50,000,000 1,000 100
50,000,000 1,000 100
(7) 役員構成
 
代表取締役社長     七字 祐介
常務取締役 田中 昌ニ
取締役(非常勤) 藤原 義弘
取締役(非常勤) 木村 洋行
取締役(非常勤) 河村 壮一
取締役(非常勤) 荒井 和弘
監査役(非常勤) 図子 龍男
   
理事長(非常勤) 篠塚 正宣
  (工学博士、U.S.A.カリフォルニア大学教授、(株)篠塚研究所社長)
理事 (非常勤) 加賀 秀治
理事 林  俊雄
 
タイセイ総研・ビジネスメニュー (pdf)

タイセイ総研のホームページへ