最適外壁計画システム
システムの概要
 外壁仕上げ、窓面積、庇等、建築外壁の建物省エネルギー性能への影響を、建築コスト、設備コスト、 ランニングコストなどで定量評価し、建物形状や地域性に応じた最適な外壁計画を行うプログラム。
計画物件に対し、外壁構造、仕上げ、窓形状などの多数の組合せについてコンピュータシミュレーションし、 それぞれの設備負荷、数量、コスト等を算出し、最も適した外壁計画を提示する。
本システムの特徴は以下のとおり。
(1) 簡単な建築概要条件入力で多数の外壁パターンについて高速かつ高精度で以下の評価指標を算出。 (冷暖房負荷、空調設備イニシャルコスト、建築外壁イニシャルコスト、ランニングコスト、投資回収年数)
(2) 多数のパターンの中から、コストと省エネルギー性能の両面で合理的かつ最適となるパターンを提示。
(3) 最新の市場コストに基づくコスト算出。明確な図、表等による算出根拠の提示
(4) 相互に影響し合う省エネ要素を考慮して複合効果を算出。
(5) 従来の経験的要素に基づいた外壁計画を、合理的な定量評価による最適設計に変革。
 

   
  
外壁計画画面
 
外壁入力画面
 
熱負荷計画
 
設備システム計画
 
回収年グラフ