ル・コルビュジエの代表的版画作品

―ル・コルビュジエの版画:『…行列』展開催―

 
【平成12年11月22日】 大成建設株式会社


 大成建設(株)(社長・平島 治)の常設ギャラリー・Galerie Taisei では、11月27日(月)から翌年1月19日(金)まで、ル・コルビュジエの版画:『…行列』展を開催いたします 。   
 
 建築家ル・コルビュジエ(1887〜1965)は第二次世界大戦後、さまざまな表現方法を用いて建築以外の作品を発表しています。なかでも、版画作品は、大胆な画面構成と鮮やかな色彩によって、彼の絵画制作のなかでも重要な位置を占めています。
 
 彼の版画集のなかでは、『直角の詩』が最も有名ですが、今回の『…行列』は 全体の点数こそ多くはないものの、特大の大判リトグラフであり、ル・コルビュジエの版画作品を代表するものです。
 
 連綿と「思い出の行列」が続いていくような、イメージが積み重ねられた不思議なル・コルビュジエの絵画空間を十分に味わっていただきたいと存じます。
 

 会   期: 2000年11月27日(月)〜2001年1月19日(金)
*土、日、祝日は休廊
 開廊時間: 午前10時〜午後5時
 会   場: ギャルリー・タイセイ
東京都新宿区西新宿1−25−1 新宿センタービル 大成建設17階
Tel 03−5381−5510 / Fax 03−5381−5511
 展示内容: 版画   13枚
素描・コラージュ・写真    19点

バルセロナの陥落
マニラ麻