南米でのル・コルビュジエ唯一の作品

―「プロムナード:ル・コルビュジエの建築『クルチェット邸』」展開催―

 
【平成12年7月13日】 大成建設株式会社


 大成建設(株)(社長・平島 治)の常設ギャラリー・Galerie Taisei では、7月24日(月)から10月13日(金)まで、展覧会「プロムナード:ル・コルビュジエの建築『クルチェット邸』」を開催いたします。      
 クルチェット邸は、ル・コルビュジエによる数少ない戦後の住宅作品の一つで、南米に残した唯一の作品です。彼の中で新旧の建築的アイデアを統合しようと熟考していた時期にデザインされたもので、この作品の一番の見どころは、空間を大きく横切るランプ(スロープ)です。ランプはル・コルビュジエ建築の特徴であり、これによって彼が提唱していた「建築的プロムナード」を実現し、五感を刺激する優れた作品となっています。
 今回は、クルチェット邸の現場を任されていたアルゼンチンの建築家アマンシオ・ウィリアムズの作品「ブリッジハウス(小川に架かる家)」も併せて展示します。
 この2つの住宅建築を通して、建築におけるプロムナードを十分に味わっていただきたいと存じます。


 会   期: 2000年7月24日(月)〜10月13日(金)
*土、日、祝日は休廊
 開廊時間: 午前10時〜午後5時
 会   場: ギャルリー・タイセイ
東京都新宿区西新宿1−25−1 新宿センタービル 大成建設17階
Tel 03−5381−5510 / Fax 03−5381−5511
 展示内容:  
図面
  15枚
写真
  現況写真 40点
  竣工時の写真 10点
スケッチ
  ル・コルビュジエによるスケッチ 6点
模型
  新規制作した模型 1点
 企画協力: (株)新建築社、(株)エー・アンド・ユー、Ken Tadashi Oshima
 資料提供: アルゼンチン建築家協会、ハーバード大学、A.ウィリアムズ・アーカイヴ



ル・コルビュジエ クルチェット邸
 
 

ル・コルビュジエ クルチェット邸
 
 

アマンシオ・ウイリアムズ ブリッジハウス