人の歴史とともに

―高井潔作品展「民家」開催のご案内―

 
【平成10年9月21日】大成建設株式会社


 来たる9月29日(火)から11月1日(日)まで、JCIIフォトサロンにて、高井潔写真展「民家」が開催されます。

 高井潔氏は、当社広報部勤務のかたわら建築写真家としても活躍し、特に日本の古建築の写真で広く知られています。今回は写真家として活動を始めた1969(昭和44)年から1975(昭和50)年までに撮影した、未発表作品を含む約100点(全作品モノクロ)を展示します。

 日本では唯一、民家で世界文化遺産に指定された白川村の合掌造りや、弥生時代の形式をとどめた奄美大島の高倉などを撮影した写真は、単なる建築写真にとどまらず歴史を伝えるドキュメントと呼ぶことができます。各地の風土に根差した日本人の暮らしの知恵が長い歴史の中で磨き上げられ、それが形になった民家。その造形美をあますことなく紹介します。

 会場のJCIIフォトサロン(館長 森山真弓)は、日本の写真文化発展の歴史を広く伝え、普及させることを目的として1991年に設立されました。芸術写真、記録写真などさまざまな写真展を開催しており、原則として毎月1人の写真家の作品展を開催しています。併設される「日本カメラ博物館」も内容、規模ともに一見の価値があります。

 高井氏は、今でも日本中を巡って民家を訪ねる旅を続けています。庶民の生活の場であり、暮らしの工夫や創意が集積された民家を撮影することが生き甲斐だ、と語る氏の作品をぜひ多くの方にご高覧いただきたくご案内申し上げます。


<高井潔写真展「民家」>

会 期 平成10年9月29日(火)〜11月1日(日)   ※毎週月曜は休館日
10:00〜17:00
会 場 JCIIビル1F フォトサロン  千代田区一番町25番地
TEL. 03-3261-0300
入 場 無料


● 高井潔(たかい きよし)略歴

1938年  東京都生まれ
1961年 日本大学 芸術学部 写真学科卒業
卒業と同時に大成建設に入社
1974年 日本写真協会新人賞受賞

現在  大成建設(株)広報部編集室課長
日本写真家協会理事、日本写真協会理事
日本写真家協会会員、日本写真協会会員、日本写真芸術学会会員
新写真派協会会員

写真集
 『日本の倉』(淡交社)、『KURA』[英語版](講談社インターナショナル)
 『日本の屋根』(叢文社)
 『日本列島ふるさと紀行−風土に生きる伝統家屋と町並み−』(中央美術出版)
 『暖簾−暮らしにそよぐ結界の美−』(ぎょうせい)
 『日本名建築写真選集 民家−町家−』(新潮社)
著書
 『建築写真の世界』、『日本の民家』(以上、朝日ソノラマ)
 『建築写真術』(学芸出版社)、『建築写真術』[韓国語版](図書出版国際)
 『蔵』(淡交社)『日本民家紀行』(新潮社)、『暖簾』(淡交社)ほか。
写真展
 『日本の民家』、『日本の倉』、『日本の屋根』、『結界の美−暖簾−』
 『岩崎家の遺産−建築が語る華麗なる様式美』(二人展)『日本の民家』
 『中国大陸・北京の古建築』、『日本の民家−町家−』、『沖縄の民家』を、
 東京、横浜、名古屋、大阪、福岡にて開催。