日本の近代化遺産の保護・整備に募金を寄付

―「ニッポン近代化遺産への旅」上映会―
ガイドブック他の収益金を(財)日本ナショナルトラストへ
 
【平成10年11月13日】大成建設株式会社


 大成建設(株)(社長・平島 治)は、11月10日に開催された自社制作のドキュメンタリー映画「ニッポン近代化遺産への旅」上映会に際し、会場で本映画のガイドブックと絵葉書(6枚セット)のチャリティー販売を実施し、その収益金を日本の近代化遺産の保護・整備のために、本日13日、(財)日本ナショナルトラストへ寄付いたしました。


 「ニッポン近代化遺産への旅」は、幕末から明治・大正・昭和にかけて急激に進められた日本の近代化に大きく貢献した産業・交通・土木に関わる建造物にスポットを当て、当時の技術者達の情熱とロマンを浮き彫りにしたドキュメンタリー映画で、11月10日の東京・銀座ガスホールでの上映会は観覧希望者が多数にのぼったため、当初3回の上映予定を5回に増やして開催されました。
 当日の会場において、文化財や歴史的環境等の保全活動をしている(財)日本ナショナルトラストへの寄付を目的に、本映画のガイドブックは100円以上、絵葉書6枚セットは300円以上で入場者に募金の協力をお願いしました。その結果、入場者の皆様のご好意により募金総額は、190,150円に達し、本募金を(財)日本ナショナルトラストに寄付にいたしました。


 11月10日の東京・銀座ガスホールを皮切りに12月まで、大阪、福岡、札幌の計4会場で上映会を開催いたします。この募金活動は、残り3地方会場での上映会でも実施していきます。


《参 考》
財団法人日本ナショナルトラスト
国民的財産である貴重な自然景観やかけがえのない文化財・歴史的環境を保全し、利活用しながら後世に継承していくことを目標に、英国の環境保全団体であるナショナルトラストを範として1968年12月に設立された公益法人です。
市民参加による保護対象の取得・修復・整備・管理・公開などの保護活動を積極的に行っています。