環境に配慮した優良現場を表彰

─平成10年度 地球環境表彰・社長賞受賞者が決定─

 
【平成10年6月12日】大成建設株式会社


 大成建設(株)(社長・平島 治)は、第3回地球環境表彰・社長賞の表彰式を、環境月間の6月12日(金)に行いました。各支店で厳選された17件の応募の中から、優秀な環境保全活動を行っている8作業所と1専門工事業者グループを表彰しました。

 当社では地球環境問題への取り組みに対する意識を高め、環境の保全と創造活動を継続的に実践するために、平成8年1月1日より「地球環境表彰制度」を設けました。
 賞は優れた環境保全活動、環境管理活動を行った作業所や専門工事業者等に与えられます。審査基準としては、環境管理が計画的かつ効果的に推進されていること、さらに環境管理の成果として、(1)公害対策 (2)建設副産物対策 (3)地域社会対応 (4)環境教育・啓蒙活動 (5)自然保護、省エネルギーなどに寄与しているかを総合的に評価します。

 今回の社長賞は、情報公開室を設け、建設工事の環境管理活動を一般に公開したキングマンション堂島川新築工事作業所や、仮囲いを敷地内へセットバックさせ、敷地の一部を近隣町内会にゴミ置き場等として提供した(仮称)中延三田ビル新築工事作業所、地元中学と連携して河川の清掃活動を実施した黒目川工事作業所職長会等、公害対策や建設副産物対策はもちろん、地域社会との連携の中で、活動の理解を広く求めた8作業所・専門工事業者が受賞しました。

 当社では各支店、事業本部においてISO14001の基準に則した環境マネジメントシステムの構築と運用に取り組んでおり、昨年認証を取得したエンジニアリング本部に続き、本年は複数支店での認証の取得を予定しています。今後とも、省エネ・省資源という側面で事業活動を見直し、全社をあげて環境問題へ取り組んでいきます。


受賞物件一覧