コンクリート強度ニアピン選手権開催!

─ 第5回「学生によるコンクリート圧縮強度コンテスト」のご案内 ─

 
【平成9年10月30日】大成建設株式会社

 
 大成建設(株)技術研究所(横浜市戸塚区、所長:松本敏夫)は、土木の日にあたる11月18日(火)に第5回「学生によるコンクリート圧縮強度コンテスト」を開催いたします。  今回のキャッチフレーズは「めざせ!!124」。  設計強度124N(ニュートン)/mm2に対する正確さを競う“強さと精度”をテーマに設定しました。あらかじめ設定した強度を超え、かつ、いかにその強度に近づけるかを競い合います。設定強度は、本年が当社創業124年であることに因んで124N/mm2(約1260kgf/cm2)としました。  また今回は初の試みとして、コンテストのホームページを作成し、当日の競技の模様をインターネット上で生中継いたします。ホームページでは、「コンテストの歴史」「参加チームの紹介」「技術研究所の紹介」などがご覧いただけます。 本ホームページは11月10日(月)公開予定で、参加チームへの応援メッセージやコンテストへのご意見・ご要望などを受け付けます。
 
ホームページ アドレス   http://concon.taisei.co.jp
E-mail アドレス   concon@kiku.taisei.co.jp
 
 競技の方法は、各チームが製作したコンクリート試験体(直径15cm、高さ30cmの円柱形)を技術研究所内の1000tf(トンエフ)型構造物試験機で圧縮し、圧縮強度(破壊時の強度)を測定します。測定値が設計強度124N/mm2を超えつつ、より近いチームが「勝ち」となります。
 当コンテストは創業120周年を記念して、平成5年に開始し、産学交流のイベントとして技術研究所の恒例行事となり、出場者の中から当社社員も誕生しています。
 第5回目となる今回は、海外を含む大学、高等専門学校、工業高校から68チームの応募があり、9月に予選が行われ、激戦を勝ち抜いた18チームが本選に駒を進めています。
 本選当日は、破壊時の大轟音の中で繊細なニアピン競争が繰り広げられ、各参加チームが一喜一憂いたします。
 遊び心いっぱいの本イベントをぜひご覧いただきたく、ご案内申し上げます。
 第5回「学生によるコンクリート圧縮強度コンテスト」
1.
11月18日(火)9:10〜 17:30
2.
大成建設(株)技術研究所・構造研究棟
〔受付〕管理棟1階ロビー(随時)
横浜市戸塚区名瀬町344-1
3.



室蘭工業大学、東北大学、長岡技術科学大学、金沢工業大学、足利大学、埼玉大学、千葉工業大学、日本大学、芝浦工業大学、東京都立大学、東京理科大学、名古屋大学、立命館大学、近畿大学高知工業高等専門学校、九州工業大学、九州東海大学、忠南大学校(韓国)の18チーム
4.
9:10 〜 9:30 開会式
  開会挨拶 松本技術研究所長
  ルール 説明
  選手宣誓 芝浦工業大学工学部建築学科チーム
9:30〜15:30競技
9:30〜 9:45日本大学(生産工学部・建築工学科)
9:45〜10:00千葉工業大学(工学部・建築学科)
10:00〜10:15立命館大学(理工学部・土木工学科)
10:15〜10:30足利工業大学(工学部・土木工学科)
10:30〜10:45忠南大学校工科大学(建築工学科)
休 憩(15分)
11:00〜11:15芝浦工業大学(工学部・建築学科)
11:15〜11:30埼玉大学(工学部・建設工学科)
11:30〜11:45室蘭工業大学(工学部・建設システム工学科)
11:45〜12:00名古屋大学(工学部・建築学科)
12:00〜12:15長岡技術科学大学(工学研究科・建築工学専攻)
昼 食(60分)
13:15〜13:30金沢工業大学(工学部・建築学科)
13:30〜13:45近畿大学(工学部・建築学科)
13:45〜14:00東北大学(工学部・建築学科)
14:00〜14:15九州東海大学(工学部・建築学科)
休 憩(15分)
14:30〜14:45九州工業大学(工学部・建設社会工学科)
14:45〜15:00高知工業高等専門学校(建設システム工学科)
15:00〜15:15東京理科大学(理工学部・土木工学科)
15:15〜15:30東京都立大学(工学部・建築学科)
15:40〜17:00研究所施設見学
17:10〜17:30表彰式
 
 なお、当日は、土木の日のイベントとして、地元・横浜市立秋葉小学校5年生、約100名の見学会(9:30〜11:00)も予定しております。
以 上