コンクリート強度ニアピン選手権

─ 第5回「学生によるコンクリート圧縮強度コンテスト」結果報告 ─

 
【平成9年11月18日】大成建設株式会社

大成建設(株)技術研究所(横浜市戸塚区、所長:松本敏夫)は、本日、第5回「学生によるコンクリート圧縮強度コンテスト」を開催いたしました。
今回のキャッチフレーズは「めざせ!!124」。設計強度124N(ニュートン)/?2に対する正確さを競う“強さと精度”をテーマに、あらかじめ設定した強度を超え、かつ、いかにその強度に近づけるかを競い合いました。設定強度は、本年が当社創業124年であることに因んで124N/?2(約1260kgf/)としました。
また今回は初の試みとして、コンテストのホームページを作成し、本日の競技の模様をインターネット上で生中継いたしました。
 
ホームページ アドレス   http://concon.taisei.co.jp
総アクセス数 717、応援メール数45 (午後3時現在)
 
競技の方法は、各チームが製作したコンクリート試験体(直径15cm、高さ30cmの円柱形)を技術研究所内の1000tf(トンエフ)型構造物試験機で圧縮し、圧縮強度(破壊時の強度)を測定します。測定値が設計強度124N/?2を超えつつ、より近いチームが「勝ち」となります。 第5回目となる今回は、海外を含む大学、高等専門学校、工業高校から68チームの応募があり、9月に予選が行われ、激戦を勝ち抜いた18チームが本選に駒を進め、最終的に下記の1位から3位までを決定しました。
 
 〔結果〕
優   勝   埼玉大学工学部建設工学科  124.1N(ニュートン)/?2
準 優 勝   九州工業大学工学部建設社会工学科  124.6N(ニュートン)/?2
3   位   近畿大学工学部建築学科   124.9N(ニュートン)/?2
以 上