■構成技術           技術説明>

  1. Vシールド工法(路下式大口径円形立坑築造技術)
  2. 1)カッタージャッキ及び回転式の送泥口、吸込み口をカッターに装備したことにより、掘削土砂を効率的に吸引できるようになり、従来施工例のない、世界最大の直径20mの大口径かつ深度70m程度の大深度立坑の施工が可能になりました。

    2)シールドの駆動装置等を相互に組み合わせることで、扁平で大きな「たらい」のような形状をしており、路下等の狭隘で低空頭用地での施工を可能にしました。

    3)Vシールドは、「たらい」のような形状により、大口径のわりには軽量としたことと駆動装置をクルンシールドに転用できる構造としたことにより、コストダウンを図りました。

    4)シールド工法なので、地盤の沈下が少なく、地下水位の高い場所でも、長期間の地下水位低下工法や大規模な地盤改良が不要となりました。

    5)立坑セグメントとして、コンクリートを用いた現地制作型プレキャストの「ハイブリッドウォール」を使用し、コストダウンを施工速度の向上を実現しました。


  3. セグメント・カッティング工法(補助工法不要な横坑発進・到達技術)
  4.  立坑を掘り終わった後、横坑の掘進を開始する際、地盤改良や土留壁の取り壊しを行わずに、シールドが直接、セグメントを切削して、発進、到達できるように、横坑掘進部を無筋コンクリートセグメントとします。無筋コンクリート部は、鋼製枠とPC鋼線で一時的に補強する二重セグメント構造となります。

  5. クルン工法(長距離シールド掘削技術)
  6. 1)カッター部を収納した球体をシールド内で回転し、ドライな状態でビットの点検や補修、交換ができ、1台のシールドで長距離掘進が可能となりました。

    2)ビット交換用の立坑や補助工法が不要となりました。

    3)地中接合を機械的に行うことにより、大規模な補助工法が不要となりました。


  7. コネックスシステム(覆工技術)
  8. 1)等分割台形のボルトレスセグメントを使用するので、従来セグメントより制作費が低減されます。

    2)組立がしやすいので、組立時間の大幅短縮ができます。

    3)ボルト部の防蝕を目的とした二次覆工が不要となります。


  9. デルン工法(上向きシールド工法)
  10. 1)地下のトンネルから地上に向けてシールドで立坑を構築するので、地上の用地が狭くても施工できます。

    2)シールドの回収・転用ができます。
                                     以上