IRライブラリー

決算説明会資料

決算説明会 主な質疑応答

Q. 今後の売上高の見通しについて教えて欲しい
A. 2018年は首都圏での繁忙度が更に増してくるため、売上高は今年度よりもう一段増えると見ている
   
Q. 建築の売上総利益率が改善した要因と、今期の見立てを教えて欲しい
A. 前期は追加工事獲得等により利益率が改善した。今期の期初予想は、未確定の追加工事獲得は織り込んでいない
   
Q. 昨年に続いて、自己株式取得に至った経緯を教えて欲しい
A. 発行済株式数が多いという認識は従来から変わっておらず、業績の推移および投資環境と株主還元とのバランスを見て総合的に判断している
   
Q. 福岡市地下鉄七隈線延伸工事の事故の影響は前期決算に反映されているのか
A. 一定の想定に基づき反映している
   
Q. 社員の働き方改革で取り組んでいることは
A. IOTの一層の活用はもとより、旧来の仕事の進め方・考え方に囚われずに、仕事のやり方を変える勇気、不必要な仕事を止める勇気を持って生産性向上を目指すよう全役職員に向けて社長メッセージを発信している