ホーム > 会社情報 > 投資家の皆様へ > IRライブラリー > 決算説明会資料 > 2012年3月期 決算説明会 主な質疑応答


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

IRライブラリー

決算説明会資料

2012年3月期 決算説明会 主な質疑応答

Q. 今後の国内建設事業における受注スタンスは?
A. 国内建築の市況は厳しいが、業界トップレベルの利益額を確保できている。
国内土木もかつてよりも利益が出る体制になりつつある。今後も当社の品質・技術に見合った適正な採算を確保するスタンスで経営に臨む。
   
Q. 資本政策や株主還元などについてはどのように考えているのか?
A. 当面は財務体質の改善や過去に毀損した株主資本の充実を最優先に取り組むが、現在の配当水準が十分とは考えていない。中長期的には業績を回復し、その成果を株主に還元したいと考えている。
   
Q. 建築の利益率が高い要因は何か?
A. 国内外とも当社の強みが発揮できる案件に注力した結果と考えている。空港、医薬品工場、国際級のホテルなどで優位性を発揮できている。
   
Q. 利益計画が弱気なようだが?
A. 国内建設市場の動向や労務コストなど見極めが難しい時期であり慎重な見方をせざるをえない。
   
Q. 受注計画に復興関係は入っているか?
A. 入っていない。