ホーム > 会社情報 > 投資家の皆様へ > IRライブラリー > 決算説明会資料 > 2009年3月期 決算説明会 主な質疑応答


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

IRライブラリー

決算説明会資料

2009年3月期 決算説明会 主な質疑応答

 

Q. 大成ロテックの完全子会社化を決定したが他の子会社はどうするのか?
A. グループ経営における検討課題の一つとして認識しています。
   
Q. 不動産価格が下落し開発投資を行うには良いタイミングだが、どう考えているか?
A. 現在手持ちの案件で結果を出すことが先決です。その後は市況を勘案しながら取り組む予定です。
   
Q. 国内土木の受注計画が弱気ではないか?
A. 今年度の国内土木の受注目標は保守的です。
   
Q. 国内建築の利益率はもう頭打ちか?
A. 今年度新設した調達本部が全社的なコスト低減を図ることで採算性を高めていきます。
   
Q. 今回の景気対策によるメリットは?
A. 大規模かつ高度な技術力を要するプロジェクトが発注されることを期待しています。