ホーム > 会社情報 > CSR(企業の社会的責任) > What’s New > 2016 > 「ル・コルビュジエ 主要建築作品-2」展 開催のご案内


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

「ル・コルビュジエ 主要建築作品-2」展 開催のご案内

2016年8月25日
大成建設株式会社

 大成建設「ギャルリー・タイセイ」(横浜市)では、「ル・コルビュジエ 主要建築作品-2」展を開催しています。
 7月17日、建築家ル・コルビュジエ(1887〜1965)の建築作品は、人類の創造的才能を現す傑作であり、20世紀の建築に多大な貢献をしたとして、ユネスコの「世界文化遺産」に登録されました。彼が手掛けた建築作品には、彼の建築思想や当時の新しい技術がもりこまれ、彼独特の造形感覚によって唯一無二の空間がつくりあげられました。これらの建築は、現代の私たちにもさまざまな示唆を与えてくれます。
 本展は「世界文化遺産」に登録された17の主要な建築作品を紹介する展覧会の<第2部>です。住宅を取り上げた<第1部>につづき、<第2部>では住宅以外の作品7件を取り上げます。
 この機会に、ル・コルビュジエの優れた建築を見直し、その建築に込められた彼の情熱に触れることで、彼の建築に興味をもっていただければ幸いです。

タイトル 「ル・コルビュジエ 主要建築作品-2」
会期 2016年8月25日(木) 〜 2016年11月5日(土)
開館日時 木・金・土曜日 10時〜17時
会場 大成建設ギャルリー・タイセイ
神奈川県横浜市中区長者町6−96−2横浜第二有楽ビル3階
TEL.045-250-4080 /03-5381-5550
入場料 無料
URL
展示内容 「デュヴァルの織物工場」「マルセイユのユニテ・ダビタシオン」「ロンシャンの礼拝堂」「ラ・トゥーレットの修道院」「チャンディガールの一連の作品」「フィルミニ・ヴェールの開発」「国立西洋美術館」に関するパネル、模型 全70点程度