ホーム > 会社情報 > CSR(企業の社会的責任) > What’s New > 2012 > ステークホルダー・ダイアログ2012 『3.11から1年 ゼネコンの役割を考える』を開催


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

ステークホルダー・ダイアログ2012 『3.11から1年 ゼネコンの役割を考える』を開催

2012年3月28日
大成建設株式会社

 大成建設(株)は、2012年3月6日に、本社において、有識者3名と当社社員10名による「ステークホルダー・ダイアログ2012」を開催しました。
同ダイアログは、ステークホルダーの方々と意見を交わし、コミュニケーションを図ることで、社会的視点から事業活動を見なおすことを2002年より行っているものです。
未曾有の被害をもたらした東日本大震災によって、多くの組織(自治体や民間企業等)や機関が、地震対策だけでなく、BCP(事業継続計画)を含めた経営活動を根本的に見直すことが求められています。
今回は、『3.11から1年 ゼネコンの役割を考える』と題して、当社が震災後行ってきた取り組みを報告しながら、建設会社の役割を振り返るとともに、復興に向け建設会社に期待されることは何か、また、今後どのような役割を果たしていけばよいかについて、活発な意見交換が行われました。

有識者  
  河口 真理子 氏  ファシリテーター:(株)大和総研CSR部長
  川北 秀人  氏  IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表
  緒方 英樹  氏  (財)全国建設研修センター広報室長