ホーム > 会社情報 > CSR(企業の社会的責任) > What’s New > 2013 > 『いきいき里山づくり』〜環境との共生を目指すボランティア活動報告〜


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

『いきいき里山づくり』〜環境との共生を目指すボランティア活動報告〜

2013年7月8日
大成建設株式会社

 大成建設は毎年、東京都町田市の七国山(ななくにやま:下図参照)で東京都が主催する「東京グリーンシップ・アクション」に参加しています。これは地域の環境保全団体およびNPO環境学習研究会と連携して里山や雑木林など都内に残された貴重な自然環境を保全するための活動です。
今回は、6月15日(土)に、大成建設グループの社員(大成建設、大成有楽不動産(株)、大成設備(株)、大成建設ハウジング(株)他)とその家族が参加し、『いきいき里山づくり』に取り組みました。

シンポジウム
 

 『いきいき里山づくり』ボランティア活動の報告

 参加者は33名で、初めての参加者は、地域の環境保全団体「七国山自然を考える会」の清水会長から里山についてレクチャーを受け、その後、七国山の自然を観察し、萌芽更新地の間伐作業を行いました。リピーターは、地域の遺産「鎌倉古道」にある枯れ木の伐採処理と路面の整備を行い、その後、萌芽更新地で伐採作業を行いました。午後、大人は「七国山自然を考える会」清水会長から、当活動における七国山の生物多様性への影響に関する報告があり、子供(家族)は、昆虫を題材にしたペーパークラフトなどを行いました。参加者からのアンケートには、「様々な立場の方と交流することができ有意義であった。」や「伐採では、協力することの素晴らしさがよかった」などの感想がありました。

シンポジウム