ホーム > 会社情報 > CSR(企業の社会的責任) > What’s New > 2011 > 「企業と生活者懇談会」の実施報告


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

「企業と生活者懇談会」の実施報告

2011年11月10日
大成建設株式会社

 大成建設は2011年11月2日、大成札幌ビル(当社札幌支店)で企業活動を一般生活者の方々にご理解いただき、また社会の声を聞きコミュニケーションを図るために「企業と生活者懇談会」を実施しました。
この「企業と生活者懇談会」は、(財)経済広報センターが企業と社会広聴会員(一般生活者の代表)が相互理解を深めるために、全国各地で開催しているもので、これまでにさまざまな企業が参加しています。

 

 当日は、12名の社会広聴会員をお迎えして、大成札幌ビルの概要を説明(DVD)した後、当ビルのCO2削減技術や制震技術をはじめ、様々な施設を見学していただきました。見学後、当社札幌支店設計部、管理部、並びに本社社長室コーポレート・コミュニケーション部CSR推進室の担当者を交え、意見交換会が活発に行われました。
意見交換会では、社会広聴会員から「大成建設の環境に取り組む姿勢がわかった。」「CO2の削減に対する技術の高さに感心した。」などの好評価もいただき、当社への理解をより深めていただく機会になりました。

 大成建設はCSRの一環として、ステークホルダーと双方向のコミュニケーションを図ることで、当社への理解と信頼を築きたいと考えています。