ホーム > 会社情報 > CSR(企業の社会的責任) > What’s New > 2010 > 第31回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会に特別協賛


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

第31回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会に特別協賛

2010年8月6日
大成建設株式会社

 2010年8月3日・4日、(財)日本棋院主催の第31回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会全国大会が東京・市ヶ谷の日本棋院会館で開催されました。

 本大会は、各都道府県から選抜された小・中学生の代表選手約200名が参加する日本一を競う全国大会で、優勝者は全日本アマチュア本因坊決定戦全国大会に出場する程のハイレベルな大会です。当日は、参加選手の他、その家族や、指導の先生などが見守る中、熱戦が展開されました。

 (財)日本棋院は、大倉喜七郎を名誉総裁として、1924(大正13年)に設立されました。以来、日本古来の「精神的スポーツ」である囲碁を通して人材育成することなどを目的とし、国内、海外への囲碁の普及、交流を積極的に推進しています。大成建設では、この趣旨に賛同し、1992年の第13回大会より毎年文部科学大臣杯少年少女囲碁大会に特別協賛を続けています。

第31回文部科学大臣杯少年少女囲碁大会