1. トップ
  2. CSR
  3. 環境関連技術開発の推進
CSR / 環境報告

環境関連技術開発の推進

環境問題が年々深刻化し、環境リスクが高まる中、大成建設はこうした状況を事業創出の機会と捉え、環境に配慮した技術開発を進めています。開発分野は低炭素化、資源循環、自然共生など多岐にわたります。
T-Root®は、樹木の根から着想を得たバイオミメティクス(生物模倣)による、太陽光発電架台や小規模な構造物のための「簡易斜杭基礎」工法です。掘削やコンクリート工事が不要で、様々な立地条件で安定した品質の基礎を短期間に設置することが可能であり、撤去および原状復帰も容易に行うことができます。そのため、工期短縮やコスト削減等の経済的効果に加え、大型重機を要しない施工によるCO2排出量削減、資源の有効利用、地域生態系への負荷軽減等、環境への配慮も両立しており、2015年3月には土木学会の「技術評価証」を取得しました。

T-Root®概念図
ページの先頭へ