ホーム > 会社情報 > 会社案内 > 大成建設の歩み > 社名の由来・社章について


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

大成建設の歩み

社名の由来・社章について

社名の由来

「大成」は創業者・大倉喜八郎の戒名「大成院殿礼本超邁鶴翁大居士」が語源となっています。この「大成」という文字は、「孟子万章下篇」の「衆の長所を集めて一大長所をつくる」の「集大成」の意味を持ち、完全に成し遂げること、多くのものを集め作りあげることの意味に当てられることから、建設業には最もふさわしい社名であるとして採用されました。「建設」は土木・建築の両方を同時に表す新語として英語のconstructionから訳出しております。その後、他社もこれにならって「建設」を名乗るようになりました。

社章について

自然と調和してより高く、より深く、より広く活動する大成建設の経営理念を表しています。オレンジは明るい未来、ブルーは優れた技術、そしてグリーンは豊かな自然を表しております。かけがえのない地球における、大地や海、あるいは太陽といった自然環境と、それらとの均衡を図りながら、より高く、より深く、より広く活動を続ける私達人間と大成建設とを力強いエネルギーとダイナミックさを込めて表現致しました。大成建設では、1990年4月より新しいコーポレート・シグネチャーとしてこのシンボルマークを制定し、 VI(ビジュアルアイデンティティ)活動を開始致しました。そして、2003年4月1日には、このシンボルマークを社章として採用しています。