ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2009年 > 植物工場市場参入を総合的にコンサルティング


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

植物工場市場参入を総合的にコンサルティング

省電力・省スペース・低価格の栽培ユニットを開発・販売

2009年12月8日

大成建設株式会社

 大成建設(株)(社長・山内隆司)は、植物工場運営や栽培装置の研究・開発を検討する企業や団体へのコンサルティング業務を更に強化・促進するために、スタンレー電気(株)(社長:北野隆典)と共同開発した薄型LED照明を用いた完全密閉型の栽培ユニットを発売します。

近年注目を集めている植物工場は、屋内栽培のため病害虫の被害が少なく、無農薬であること、一年を通じて安定的な生産が可能であることから、作物としての付加価値を高める手段として評価されていますが、それだけに留まらず、企業の遊休地や施設の効率的活用や、最近では栽培装置の開発や販売を新たな事業として、製造業を中心に関心を集めています。しかし現行では試行や研究に適した栽培装置がなく、事業化への判断を鈍らせる要因となっています。
そこで大成建設は、植物工場に関する事業への本格参入を検討している企業・団体向けに、サンプル野菜の試作用として小型栽培ユニットを予約限定注文にて発売いたします。開発にあたっては、スタンレー電気との共同研究の結果、LEDを用いた薄型面光源を採用し、従来比1.5倍の容積効率を実現するとともに、省電力にも効果を上げています。スタンレー電気の自動車用ランプや液晶用バックライト技術で培った配光技術や薄型化技術によりLED光源としては薄型で防湿性の高い製品となっております。

今後、大成建設は、現在多分野に渡る様々な形態の取引を協議中の顧客や、植物工場運営だけでなく周辺市場への参入を検討している企業・団体に、この栽培ユニットを供給していくことはもちろん、従来より進めている植物工場コンサルティング事業におけるツールとしても活用し、植物工場市場でのさらなる優位性を図っていく所存です。


 

資料

 

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ