ホーム > サービス・ソリューション > What’s New > 2008 > 実効型パテントソリューションYOKOHAMA2008(2008/2/29)に出展


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

What’sNew

実効型パテントソリューションYOKOHAMA2008(2008/2/29)に出展

2008年2月12日

 

 
横浜市、株式会社知財マネジメント支援機構の主催による「実効型パテントソリューションYOKOHAMA2008」が開催されます。

大成建設は、このイベントに耐食性や生体安全性に優れた「チタンパネルを用いたコンクリートの表面保護工法」と、地盤の沈下量が層別に経済的にモニタリングできる「光ファイバー地盤沈下計」の2技術を展示いたします。
それぞれの技術には、実物のサンプルや実験で使用した機器も展示する予定としています。

これらの技術を通して、この機会に更なる技術の発展と展開をお客様とともに考えていけたらと存じます。



※大成建設ブース出展内容の詳細はこちら
PDF実効型パテントソリューションYOKOHAMA2008(2008/2/29)に出展(PDF:26KB)


会 期 : 2008年2月29日(金)13:30〜18:00
会 場 : 横浜産貿ホール展示場
入場無料

実効型パテントソリューションYOKOHAMA2008について

大成建設イベント情報はこちら

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。