ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2006年 > 環境配慮建築・スーパーエコビルの第1号に


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

環境配慮建築・スーパーエコビルの第1号に

— 大成札幌ビルが完成 —

2006年6月29日

大成建設株式会社

 大成建設(株)(社長:葉山莞児)は、環境に特に配慮したトップランナー建築「スーパーエコビル(Super Ecology Building)」を推進してきましたが、この度その適用第1号プロジェクトとして、大成札幌ビルを2006年6月29日に竣工しました。

 このビルは、快適性と高い省エネルギー性を両立させながら、経済性にも配慮する「スーパーエコビル」のモデルであるだけでなく、北国地域の環境特性を活かした設計です。

大成札幌ビルの主な技術として、(1)自然の光と風を利用した空間システム「エコボイド」(2)高い耐震性と長寿命性を確保する知的制振システム「TASMO: TAisei Smart MOnitoring system」、(3)外断熱・躯体蓄熱を利用したエコ空調システム「北国空調システム」などを新たに導入しています。

 さらに、建築物総合環境性能評価システム(CASBEE)で最高ランク「S」、「環境性能効率(BEE)= 4.5(支店オフィス部分)」の評価を、また、設備に関する省エネ性能指標における1次エネルギー消費量(ERR)については、40%削減(1990年省エネ法比)を実現しています。

 現在、大成札幌ビルに引き続き、企業の研究所を中心に「スーパーエコビル」適用プロジェクトが進行中です。今後「スーパーエコビル」が建築物の標準となることを目指し、積極的に展開していきます。

<大成札幌ビル 概要>
所 在 地 北海道札幌市中央区南一条西一丁目4番地
敷地面積 863m2 (261坪)
延床面積 6970m2 (2108坪)
構  造 鉄筋コンクリート造および鉄骨造
規  模 地上8階・地下1階/高さ34.5m
主要用途 事務所(4〜8階 大成建設札幌支店)
店舗(地下1階〜3階 テナント店舗)
設計施工 大成建設株式会社
 

資料

PDF環境配慮建築・スーパーエコビルの第1号に(PDF:1751KB)

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ