ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2006年 > 首都高速中央環状新宿線富ケ谷出入口部へ「太径曲線パイプルーフ工法」の掘進が完了


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

首都高速中央環状新宿線富ケ谷出入口部へ「太径曲線パイプルーフ工法」の掘進が完了

非開削による地下道路ランプの構築工法

2006年12月8日

大成建設株式会社
鹿島建設株式会社
鉄建建設株式会社
コマツ地下建機株式会社

 首都高速道路株式会社が整備を進めている首都高速中央環状新宿線SJ22工区(富ケ谷出入口工事の一部、延長160m区間の施工:大成・鹿島・鉄建特定建設工事共同企業体)において、鹿島・大成・鉄建・コマツ地下建機の4社が共同開発した「太径曲線パイプルーフ工法」が初めて適用され、下向き施工の曲線パイプルーフ76本全部の掘進を2006年10月初旬に無事完了しました。



 

パイプルーフ工法 地上部に影響を与えずに地下に構造物を構築する場合などに有効で、名前の通りパイプで屋根(ルーフ)を作りその屋根の下を掘削し構築して地下空間を確保する工法。
 

資料

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ