基礎・地盤

建築計画

複雑な形状をした構造物の出来型確認ができます。

液状化が懸念される軟弱地盤上の既設盛土構造物の耐震性が向上します。

構造計画

小規模建物建設時に小型機械により、短工期で軟弱地盤の補強ができます。

高精度な建物基礎沈下予測により経済的かつ安全な基礎の設計ができます。

地盤の液状化影響の評価分析により、合理的で安全な設計が行えます。

地盤から建物へ伝わる振動の防止が、合理的かつ柔軟にできます。

軌道や高速道路からの振動伝搬性状を予測し、静寂な空間が実現できます。

直接基礎と摩擦杭の組合せで、コスト低減と安全性向上が図れます。

連続地中壁構築工法により設計の自由度が増し、コストの低減が図れます。

高強度鉄筋ウルボンにより性能の大幅改善とコストの低減が図れます。

建設時の地盤の状態に適した、より安全性に優れた建物が得られます。

安価で効率的な液状化対策により、安心できる地盤が確保できます。

異種基礎を併用することにより合理的な基礎計画が可能です。

地盤条件の的確な評価により適正な改良方法が選定できます。

建物規模・地盤条件の評価により適正な杭基礎形式が選定できます。

地震力の大きさの算定により最適な杭基礎の選定が可能です。

杭基礎の耐力を精度良く算定することによりコストダウンが可能です。

実物大スケールの地盤や構造物の挙動を縮小模型で検証できます。

実物大スケールの地盤や構造物の挙動を縮小模型で検証できます。

杭頭接合部を半剛接合とすることで,杭基礎の耐震性能を高めます。

施工

建物形状や用途・地形に応じた計画が可能となり、コスト低減も図れます。

基礎に発泡スチロール版を設置し構造物の不同沈下を防ぎます。

GPS無線センサにより多点の地盤変位をワイヤレスで計測できます。

運用・維持

既存基礎の診断によりリニューアルにおける適切な検討が可能です。

地中の杭基礎を掘り出さずに短期間で健全性が診断できます。

様々な条件の既存建物を使用しながら、安全に基礎の補強が行えます。

建物を使いながら基礎部に免震を施せ、大地震時の機能維持が図れます。

土木

特殊処理したアルミニウム粉末により密実な充填が達成されます。

太陽光発電架台等の基礎を簡便に、短期間で構築する技術です。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ