防災計画

エンジニアリング

地震被害を定量評価し、投資対効果の高い震災対策を図ることができます。

緊急地震速報と現地地震計を併用し,大きな揺れの到達前に情報配信します。

建築計画

人や煙の流れの予測により、省スペースで安全な防災計画が実現できます。

建築材料の加熱実験により材料の耐火性能が評価できます。

複雑な形状をした構造物の出来型確認ができます。

火災時の人・煙の流れを予測し、より安全な防災設計が可能となります。

防災拠点機能を備えた学校の整備計画立案が可能となります。

大深度地下施設における防災検討・避難シミュレーションができます。

環境計画

将来CEMSからのデマンドレスポンスへの対応が可能な環境技術です。

構造計画

地盤の液状化影響の評価分析により、合理的で安全な設計が行えます。

地震動の予測により、合理的な耐震設計が可能となります。

建物の防耐火性能の把握により、安全な建物が実現できます。

実大規模の載荷加熱実験により耐火性能・安全性が確認できます。

運用・維持

火災による建物の被害調査・評価により最適な補修が可能です。

土木

工事中の洪水の危険度を判断し、最適な工法が選定できます。

津波の挙動を計算により把握することができます。

実規模試験体でトンネル内の火災による加熱条件で、構造体の耐火性能を検討できます。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ