リニューアル

エンジニアリング

周辺及び環境に優しい解体により、社会的貢献をアピールできます。

厚い壁でも、低騒音・低振動の解体ができます。

緊急地震速報と現地地震計を併用し,大きな揺れの到達前に情報配信します。

建築計画

トイレと浴室の一体利用によるスペース確保で介護負担が軽減されます。

キャビネットを利用して住環境に違和感なく手摺機能が確保できます。

複雑な形状をした構造物の出来型確認ができます。

構造体と設備・内部仕上げを分離することにより、更新が容易になります。

病院を移動させながら新しい施設への建て替えが可能です。

環境計画

市街地の汚染物質の拡散をビジュアルに表現できます。

建物や街区からのエネルギー消費量、CO2排出量、コストを計算するプログラム

将来CEMSからのデマンドレスポンスへの対応が可能な環境技術です。

構造計画

建物の中間に免震装置を挿入することにより、地震から財産が守れます。

地盤条件の的確な評価により適正な改良方法が選定できます。

耐震性能とデザイン性を両立し「隠す補強」から「魅せる補強」を実現します。

施工

鋼種別の耐食性を評価することにより最適な鋼種が選定できます。

レーザを利用して無騒音・無振動で既設床の滑り止め加工を行う工法です。

運用・維持

既存基礎の診断によりリニューアルにおける適切な検討が可能です。

地中の杭基礎を掘り出さずに短期間で健全性が診断できます。

RC造の鉄筋腐食の進行度合いを予測し、合理的に最適な対策が行えます。

建物の修繕更新計画・管理の一元化により、建物を最適な状態に保てます。

様々な条件の既存建物を使用しながら、安全に基礎の補強が行えます。

見通しの良い格子状耐震壁により短工期で高性能の耐震補強ができます。

建物を使いながら基礎部に免震を施せ、大地震時の機能維持が図れます。

建物を使いながら中間階に免震を施せ、大地震時の機能維持が図れます。

劣化度、残存寿命の診断で、修繕の的確な判断ができます。

運転状態を簡易に診断することにより、運転状態の改善が図れます。

建物の耐震性の診断により、最適な補強の提案が得られます。

建築物の特性に合せて、最適な補強技術が選択できます。

外壁塗装材の現状診断により適切な保全・改修方法が得られます。

液状の硬化剤を塗布することでアスベストを封じ込めます。

土木

鉄筋の腐食進行を予測することにより、効果的な補修計画が策定できます。

補修・補強が必要な範囲が一目で分かります。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ