耐震・免震・制振

エンジニアリング

耐震診断・安全性評価により、適切な耐震対策が可能となります。

地震被害を定量評価し、投資対効果の高い震災対策を図ることができます。

建築計画

複雑な形状をした構造物の出来型確認ができます。

液状化が懸念される軟弱地盤上の既設盛土構造物の耐震性が向上します。

設備計画

地震に対し、設備機器・配管の安全性及び必要機能の確保が図れます。

構造計画

弾性すべり支承と積層ゴム支承の組合せにより高い免震効果が得られます。

地盤から建物へ伝わる振動の防止が、合理的かつ柔軟にできます。

超高層ビルや複雑な形状のビルでも、強風時の風揺れが抑えられます。

すべり方式により地震動の低減を合理的かつ柔軟に行えます。

オイルダンパーとてこの原理の簡易機構で地震動・風揺れが低減できます。

変形性の高い間柱を用いたシンプルな装置により地震動が制御できます。

高耐久・高耐震性の超高層建物が実現できます。

風洞実験により建物の風揺れを予測・評価し効果的な対策が行えます。

地震動の予測により、合理的な耐震設計が可能となります。

高層建物に免震構法を取り入れることにより、耐震性能が向上されます。

免震構法を取り入れることにより、計画の自由度が増大します。

規模や用途に応じた制振構造設計により、安全性・居住性が向上できます。

建設時の地盤の状態に適した、より安全性に優れた建物が得られます。

精度の高い振動解析により事前評価と最適な対策が得られます。

建物の揺れの詳細な把握により、安全性と居住性の確保が可能となります。

安価で効率的な液状化対策により、安心できる地盤が確保できます。

実際の地震の揺れを再現し構造物の安全性を確認できます。

建物の中間に免震装置を挿入することにより、地震から財産が守れます。

地震力の大きさの算定により最適な杭基礎の選定が可能です。

杭頭接合部を半剛接合とすることで,杭基礎の耐震性能を高めます。

建物の用途に応じて加速度や変形を中小地震から大地震まで大幅に低減します。

モニタリングにより建物の高性能・長寿命を可能にします。

ペンシルビルの居住性・安全性を向上します。

柱型のない高レンタブル比の居住空間を実現します。

小さな揺れから大きな揺れまで、効果的に制御することができます。

日常的に起こりうる地震に対し、天井被害を回避できます。

耐震性能とデザイン性を両立し「隠す補強」から「魅せる補強」を実現します。

運用・維持

既存基礎の診断によりリニューアルにおける適切な検討が可能です。

様々な条件の既存建物を使用しながら、安全に基礎の補強が行えます。

見通しの良い格子状耐震壁により短工期で高性能の耐震補強ができます。

建物を使いながら基礎部に免震を施せ、大地震時の機能維持が図れます。

建物を使いながら中間階に免震を施せ、大地震時の機能維持が図れます。

建物の耐震性の診断により、最適な補強の提案が得られます。

建築物の特性に合せて、最適な補強技術が選択できます。

既存架構にはめ込むだけで制震性能が向上します。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ