緑化

エンジニアリング

濁水は天然系凝集剤で処理し、脱水ケーキは植生基盤材として利用します。

建築計画

地域の特性・良さを生かした住環境が実現できます。

環境計画

人と建物と自然の調和をはかり、豊かな空間を創出することができます。

施工と同時に緑化でき、省エネ、火災の延焼防止の効果も得られます。

屋上スペース有効利用で、省エネ・景観向上・延焼防止の効果が得られます。

生態環境を把握することにより動植物の生息環境が保全できます。

バイオテクノロジーで開発した芝草品種により緑豊かな芝生が実現します。

建物用途に合わせた最適な建物緑化を実現できます。

芝生と野草の混植による自然草地を緑化します。

今まで生物多様性が低かった樹林をエコアップし、生物多様性を高めます。

「自然の豊かさ」を定量的に評価し、工事の計画や管理への活用を図ります。

外構計画による生物多様性への効果を、飛来生物を予測して評価します。

自然の森を計画する場合の、林床地被の計画を立てることができます。

良好な景観を維持しながら、生きもの豊かな水辺が創出できます。

建物や街区からのエネルギー消費量、CO2排出量、コストを計算するプログラム

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ