病院・医療施設

マーケティング

診療圏を把握することにより、最適な施設整備が図れます。

事業採算性を把握した上で、投資規模の決定が可能となります。

立地的に期待される入院・外来の患者数、診療科目の予測が可能となります。

病院経営の採算性予測により事業規模の適正化が図れます。

エンジニアリング

微生物や塵埃量の測定により、室内の清浄度が把握できます。

厚い壁でも、低騒音・低振動の解体ができます。

緊急地震速報と現地地震計を併用し,大きな揺れの到達前に情報配信します。

建築計画

安全で高品質な厨房施設を実現し感染のリスクを大幅に軽減できます。

複雑な形状をした構造物の出来型確認ができます。

職員が働きやすく、患者が利用しやすいレイアウトが実現されます。

病院施設内の清浄度領域の明確化により、院内感染が防止できます。

建築計画を中心に、あらゆるケースを想定して院内感染が防止できます。

病院機能維持してリニューアル可能な空間構成が実現できます。

多角的分析による病院経営の課題と整備方針に基づき効率化が図れます。

経営戦略、事業計画に即した適切な計画が可能となります。

病院を移動させながら新しい施設への建て替えが可能です。

同一建物にすることで、施設管理などの合理化が図れます。

用途と目的に応じた最適な清浄空間が短工期で実現します。

環境計画

低コストで不要な電磁波を遮断し、良好な電磁環境が実現できます。

化学物質による室内汚染を低減し、健康な室内環境が形成できます。

安定したエネルギーの供給と、非常時の停電等への対応ができます。

企画から運用まで一貫した対策により、快適な室内環境が得られます。

磁場の計測評価・シミュレーションにより適切なシールド計画が可能です。

建物用途に合わせた最適な建物緑化を実現できます。

冬の冷たい外気を利用して氷をつくり、夏の冷房に利用します。

芝生と野草の混植による自然草地を緑化します。

都市の温熱環境改善(ヒートアイランドの緩和)に貢献できます。

市街地の汚染物質の拡散をビジュアルに表現できます。

地中の熱を冷暖房に利用した省エネルギーな空調システムです。

電磁シールドの漏えい位置や無線通信技術での反射位置を可視化する技術

お客様のニーズに合った最適なエネルギーシステムをご提案できます。

今まで生物多様性が低かった樹林をエコアップし、生物多様性を高めます。

独自アルゴリズムで人の在/不在を正確に検知します。

建築空間に太陽光をふんだんに採り入れる採光システムです。

建設工事等の騒音・振動を予測して、対策を含めて統合的に評価できます。

騒音・振動のトラブルを未然に防止し静かな室内環境が実現できます。

不要な電磁波を遮断し、良好な電磁環境が実現できます。

自然の森を計画する場合の、林床地被の計画を立てることができます。

良好な景観を維持しながら、生きもの豊かな水辺が創出できます。

建物や街区からのエネルギー消費量、CO2排出量、コストを計算するプログラム

設備計画

リスクの分析・評価により、最適なセキュリティシステムを構築できます。

快適で大幅な省エネルギーを実現する寒冷地向け空調システムです。

デザインと省エネルギーを両立するファサードです。

パーソナル空間の快適性・空調の省エネ・施工性向上を同時に実現します。

建物に導入した省エネ対策効果を、確認できるシステムです。

外部雷・内部雷保護技術を組合せた安全・安心な施設を実現する技術です。

省エネ法の規制値を満足し、最適なCO2削減計画を行うシステムです。

音以外にはその存在をまったく感じさせない見えないスピーカです。

病院内の清浄度領域を設定した空調計画により院内感染が防止できます。

運営に配慮した情報システム構築によりコスト削減・収入増加が図れます。

快適に屋外の風を取り込み省エネルギーを実現します

日射を含めた高度な温熱気流解析に加え、人の快適性を詳細に評価します。

ICタグを使い医療機器の所在を低コストで管理することが可能です。

構造計画

杭頭接合部を半剛接合とすることで,杭基礎の耐震性能を高めます。

重要な機器等を大地震から守り、地震時の機能維持・早期復旧が可能となります。

耐震性能とデザイン性を両立し「隠す補強」から「魅せる補強」を実現します。

施工

建設工事等の騒音・振動を予測して、対策を含めて統合的に評価できます。

レーザを利用して無騒音・無振動で既設床の滑り止め加工を行う工法です。

運用・維持

無線ICタグを用いた誘導機能をつけた次世代来客管理システムです。

液状の硬化剤を塗布することでアスベストを封じ込めます。

ロボットを遠隔操作して安全で効率良くアスベストを除去回収します。

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ